所得しておくべきファッション業界向けの資格を網羅してみました!

洋裁技術検定の内容・試験について

型紙製作から縫製まで、一から洋服を作る技術を検定する試験です。協会が認定した学校に在籍する学生にのみ受験資格が与えられます。

洋裁技術検定

洋裁に関する知識と技術を審査する洋裁技術検定

パターンメーキング技術検定とは、日本ファッション教育振興協会が実施している、パタンナーの技術レベルを図る検定試験です。 パタンナーは洋服洋裁技術検定とは、日本ファッション教育振興会が実施している、洋裁に関する知識、技術を検定する試験です。 洋裁とはいわゆる、洋服を作るための裁縫のことを指し、試験では型紙の製作から仕上げまでの技術、知識を求められます。

洋裁技術検定の資格を持っているだけで洋裁の能力をファッション業界に証明することができます。 ファッションアイテム製作の上で欠かせない洋裁技術。作る仕事に就きたい人はぜひ取得するべき資格です。

洋裁技術検定の試験日程・内容

試験日毎年1月の第3日曜日
出願期間10月~
受験対象日本ファッション教育振興協会が指定した学校に在籍中の学生のみ
試験内容洋裁の知識を問う理論試験と、実際に服を製作する実技試験が主体

洋裁技術検定は毎年1月の第3日曜日に開催されます。出願は10月からです。 受験対象は、日本ファッション教育振興協会が指定した学校に在籍中の学生に限られていますので、社会人で取得することはできません。

試験の内容は、洋裁の知識を問う理論試験と、実際に服を製作する実技試験となっています。 理論試験では洋裁用語や用具、流行、服飾のマナーや素材の知識などを問われ、実技では一般的なデザイン作品の制作がメインとなります。

洋裁技術検定の難易度

80%以上

洋裁技術検定は初級、中級、上級と3つのレベルが揃っています。どの階級も合格率は80%ほどなので、そこまで難しい試験ではありません。 の作成など、縫製以外の技術を求められることもあります。洋服作りの技術をトータル的に取得した状態で臨むのがいいでしょう。

洋裁技術検定合格のポイント

洋裁技術検定の合格のポイントは、学校で学んだことをどれだけ活かせることができるかです。

洋裁技術検定の知識、技術は応用が大事
洋裁技術検定の知識、技術は全て学校の授業で行われた内容が出てきます。その基本的な知識を吸収し、応用することで検定試験を合格することができるでしょう。
実技試験は丁寧に衣服を製作すること
実技試験は丁寧に衣服を製作することが大切です。時間は限られていますが、限られた時間の中でいかに丁寧に作るかもポイントです。

洋裁技術検定を活かせる職業

アパレルメーカーの縫製スタッフ
洋裁技術はアパレルメーカーにおいて非常に重要なポジションです。各企業の専門技術者として務めることができ、その力を発揮することができます。
フリーランスの縫製スタッフ
また、上級資格を持っている人はその技術を活かして在宅で縫製の仕事をすることも可能です。フリーランスで活躍している洋裁技術者もいますので、ゆくゆくはそちらの道を歩むのもオススメです。